無料レンタル FC2 Blog Ranking story(小さな物語) 屋根の上

プロフィール

Author:kou1960
小説専門のブログです。
小説の形を借りて自分史も入れたりしています。
もとよりアマチュアですし、たいしたものは書けませんが、楽しんでいってくだされば幸いです。FC2 Blog Ranking


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


屋根の上

屋根

まあるい客車の屋根の

張り替えたばかりの帆布製の屋根の上から

何が見えたというのだろう


太陽の熱を吸って暖かくなった

小石や砂が敷き詰められた客車の屋根の通風器に腰掛けて

秋の空を眺めてみるのだけれど

底が抜けてしまったような空の向こうに何が見えたというのだろう


青春の気負いも

あるいはただの世間知らずな故に持っていただけのものかも知れず

それは恋愛を知ったかぶりしてみたところで

未だ女性と睦みあったことのない僕に

わからぬ細やかな感情の高ぶりというものにも似て


日本国有鉄道が消えていく

そのことに未練がないとその頃は思っていたけれど

実のところ僕は国鉄が好きだったのかもしれない

未だ見えぬ未来の鉄道への思いは

そのまま

見えるはずのない鉄道を離れた自分の未来にも繋がっていたのか


スハフ42形客車の

どっしりとした車体の上の優しい帆布は

まさしく優しさとは堅固さの上に成り立つものであるということを

今思えば

教えてくれていたような気がしている


そういえば

あの頃の僕は

ようやく一人の女性にまともに恋をするという場面に出くわし

大仰に

立派な国鉄マンになるなんて恥ずかしげもなく宣言していたり


その舌の根が乾かぬうちに

国鉄の現場を去って

写真などという全く違う世界に身を置くことになるのだが

それはしばらく後のことだ


屋根の上から下界を見おろせば

茶色の軌道敷にいくつものレールの筋がひかり

その筋はポイントで合流し分岐し

ただっぴろい工場敷地の隅々にまで拡がっていく


レールの上には茶色や青色の客車

それにたくさんの黒い貨車

なかにはアルミ色の貨車や朱色の気動車もあって

整備入場を待っている


けれど

目を反対側の工場敷地そのはずれのほうへ向けると

そこには輸送方式の改革で使われなくなった荷物車や郵便車や貨車

電化で不要になった気動車や客車が数珠繋ぎにされ

その脇の廃車解体場では青いガスバーナーの煙がひと筋立ち上り

由緒正しき国鉄が無残な姿を晒して解体されていく


車両に命というものがあるなら

寿命を全うできずに溶鉱炉へ帰ることをどれだけ無念に思うことだろう

輸送の効率化近代化という名目で

捨てられ解体されていく愛すべきクルマたちの無念さだけは

自分にも理解できるような気がしていて


れは今の自分のルーツになっているのかもしれない


あの

日本国有鉄道が消えてから四半世紀

いや

僕が屋根の上から秋の空を眺めた大阪鉄道管理局高砂工場の

その機能が完全に停止してから三十年


僕は今もって鉄道ファンであることだけは公言しているのだ



(銀河詩手帖254号掲載作品)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobestory.blog98.fc2.com/tb.php/71-05fda11c


Powered by FC2 Blog