無料レンタル FC2 Blog Ranking story(小さな物語) 2015年06月

プロフィール

Author:kou1960
小説専門のブログです。
小説の形を借りて自分史も入れたりしています。
もとよりアマチュアですし、たいしたものは書けませんが、楽しんでいってくだされば幸いです。FC2 Blog Ranking


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


よっちゃん

ジンジャエール


よっちゃん、貴女と初めて出会ったのは僕の行きつけのバーだったね
そのバーは厳めしい髭面のマスターがいるお店で
いろいろなお酒を安い値段で出してくれるのでよく通ったところだ
貴女は会社の上司の方と来ていたようで
その方の話を表情を崩さずに聞きながら頷いていた

当時の僕はすでに妻子もある四十男で
貴女は美しい盛りの二十歳代後半だった

最初の貴女のイメージというものは
大人びた、いかにも仕事の出来そうなキャリアウーマンで
ビジネススーツをやや崩し気味に着こなし
黒のストッキングに包まれた長い脚を
ハイチェアーに投げ出すかのように組んで
何本もの煙草を吸っていた
煙草を吸わない僕は
不思議に煙草をたしなむ女性に惹かれる癖があり
その時も煙草の甘く切ない香りにわが身をゆだねながら
上司らしき人との会話に余念のない貴女を見ていた

よっちゃん、貴女と二度目の出会いは意外に早く
その時もやはりあのバーだったのだけれど
貴女は一人で店に来ていてゆったりと自分の時を楽しんでいるかのよう
何か悩みごとがあるようで
しきりに人生経験の豊富そうな店のマスターに何かを質問している風だったけれど
マスターときたら、何もしゃれた答えは出せずにただ頷いていたものだ

その時のよっちゃんは、やはり煙草を何本も燻らせるのだけれど
ふと、気がついたのはカウンターに置かれたガラスの灰皿に
幾本も捻じ曲げられ押し込まれた吸い殻のフィルターに
貴女の口紅は付着していなかったこと

よっちゃん、貴女は煙草を吸うために口紅は付けない主義だと
煙草のフィルターに口紅が付着するのが嫌なのだと
僕からの質問にそっけなく答えてくれたね
そう言われて改めてあなたの唇を見ると
仕事の出来そうなやや崩れたキャリアウーマンという
貴女全体のイメージからはそこだけ雰囲気が違うような、
優しいピンクの柔らかそうで控えめな唇に、意外に思ったものなんだ

吸い終わった煙草をガラスの灰皿の縁でもみ消し潰しながら
貴女は「あなた、わたしに気があるの?」なんて
とんでもない質問を僕にぶつけてきた
そして「男なんて何人も何人も知っているわ」と
蔑んだような眼で見つめる貴女がいた
僕を見つめる貴女の瞳は大きく、少し茶色がかっていた

その時のよっちゃんはどうかしていたのだろうか・・僕が聞きもしないのに
「わたし、セックスだけのために付き合ったオトコもいたわ」
なんて僕に宣言するものだから、こういう女性と出会ったことがない僕には
どう反応していいかわかるはずもなく、
多分、とぼけた顔をして頷くしかなかったのだろう
「ああ、気持ちいい!ってそれだけ、最低だよね」
悪戯っぽく僕に目をやりながら煙草を咥え直す貴女が居て
それは四十歳代にしては奥手の僕には
女性にも男性のようにセックスだけを求める気持ちもあるのかと
僕より一回り以上も若いこの女性の大人の感覚に、ちょっとしたショックでもあった

貴女に三度目に出会ったのは、あれは夜の公園
メールをもらって急いで駆け付けた僕の前で貴女は泣いていた
仕事を辞めさせられると、どうしていいかわからないと

今ならパワハラなどと言う言葉もあるが
未だその当時は会社の上司には逆らえない風潮の中
いくらでも候補がいる事務の女子社員としては
不適格という烙印を押されていたのだった
そして実はこれは後で知ったのだけれど、その同じ頃に
貴女は長年想い続けていた青年と別れることになって
失恋し半ば自棄になっていたのかもしれない

そして、三度目の出会いの後で・・身体を重ねた僕の前には
あのバーで「男なんていくらでも知っているわ」と
強がった大人の女性は消えてなくなり従順で感情の高ぶりのままに身体を任せる
とても男性経験が豊富とは思えない一人のごく普通の女性がいた

よっちゃん、貴女は男などいくらでも知っていたのではなく
男をたくさん知っているふりをしていただけだったんだよね
そのことを僕に読み取られたその恥ずかしさゆえか
貴女は僕の前では前にも増して強がりを言うようになったけれど
僕にはそういう貴女がことのほか可愛く感じられるようになっだのだから・・
不思議なものだ

貴女が本当に強い女性などではないことは
それ以来、貴女が心療系統の病院へ通い続ける羽目になったことを見ても
分かることなんだけれど
でも、貴女が心の病を決して受け入れるつもりのないことは
貴女の常の強がりを見る僕には十分理解できているつもりなんだ

よっちゃん、心の隙間を埋めるかのように
貴女は僕を誘い出してはあるいは僕の誘いに乗ったふりをしてきては
僕と肌を重ね合わせてくれた
真っ白な肌、驚くほど大きくて豊かな弾力の胸、細く長い髪、綺麗に括れた腰の線
優しい息遣い、そしていつも最後に見せる涙

僕は貴女を抱くことはできても
貴女の想いを僕の人生として受け止めることなどできず、
それは僕にすでに伴侶がある故なのだけれど
いつのまにか、そのことは時間が解決すると思ってしまった

けれど最初に出会ってからもう十年、僕の家庭は綻びる隙間を得ず
ただ己の人生だけを守ろうとする僕の思考に
家庭を崩壊させて貴女と真に向き合うつもりもなく

それに気がついたのか、いや、はじめから判っていたのか
よっちゃん、ここ一年ほど、貴女が僕との距離を置き始めた
本当は
本当は
貴女を追いたい
貴女を我がものとして掻っ攫っていきたい

だがそのことが還って、煙草のフィルターに口紅がつくからと
素のままの唇で煙草を吸う生真面目な貴女の心を傷つけ
貴女の病を余計に深くするのは間違いがなく

僕はただ、よっちゃん、貴女との
間隔が以前の数倍に空いてしまった二人の時間を待ちわびるしかなく
本当は何もかも捨てて貴女を奪いに行きたいのだけれど
そんなことは安物の恋愛小説か演歌もしくは四畳半フォークの世界でしかないのだと
本当はどうしようもない崩れた人間というのは僕のことなんだと
僕は自嘲するしかなく

よっちゃん、やはり貴女は僕よりはずっと大人で
何もかも分かっていながらこの十年を過ごしてくれていたのだろうね
そして・・今夜もふっと僕のことを思い出したら
クスリと、苦笑いしているだろうなぁ
煮え切らない僕のこと

(銀河詩手帖271号、那覇新一名にて掲載作品)
スポンサーサイト

神有電車

303.jpg

昭和41年ごろの話だ。

半地下式、石垣の中の湊川駅から出る神有電車(すでにその頃は神戸電鉄という名称になっていたが)は、半地下からそのままトンネルに入り、長田区の北部で急勾配の地上線に出る。
そこは確かに港町神戸の山の手には違いないが、神有電車という親しみやすい愛称そのままの、坂道ばかりの下町という風情だ。

長田駅を出た電車はやはり1000分の50という勾配と急カーブに車輪をきしませ、モーターのうねりを上げながら鷹取山の裏側にある丸山駅にいたり、そこからやはりカーブと勾配の線路を上り、小さなトンネルを超えると鵯越だ。
どちらを向いても山の中、神戸市の都心ともいえた湊川からわずか10分ほどで到達できる深山の趣のある不思議な駅だが、この駅周辺にも古くから住宅は多く、山肌の斜面に張り付いたような住宅が密集するところもある。
電車はここから六甲山系のやや西を勾配とカーブを繰り返しながら、標高400メートルほどもある鈴蘭台へ向かう。

ルリ子は彼女の夫と5歳の長男、1歳の長女を連れてこの神有電車に乗っていた。
その電車といえば茶色一色の、外観こそ鋼鉄製だが内部は木材にニスを塗った、素人が見ても戦前生まれの古臭さだった。

モーターの音を低く唸らせながら、電車は車内を斜めにしながら勾配を上る。

「達夫、あんたのとこへ返すわ」
彼女の実母である鈴江から、電話が入ったのは一昨日のことだった。
電話といっても、当時はまだ呼び出しの時代、実母はアパートの大家のところへ電話をかけ、彼女を呼びだしたのだ。

「半年ほど預かってみたけど、我儘すぎるし、うちには則江がおるしな」
則江はルリ子の父親違いの妹だ。
ルリ子は今年26歳、妹の則江はまだ小学6年生になったばかりの歳の差が開いた姉妹だが、ルリ子には、則江を妹だとどうしても思えない感情もある。
若いころから奔放に生きて、何度も付き合う男を変え、戦前には妾として満州まで行き、そこでルリ子を産んだのだが、ろくに面倒も見ずに、生まれた娘をさっさと親戚に託して神戸へ送り、自分は全く育児にかかわらなかった実母が、世の中が落ち着いてきたときに誠実な男性と出会い、生まれた娘をことのほか大切に育てる様子は、ルリ子には苦々しく思えてならなかったというのもある。

ところが、どうも奔放さという面ではルリ子も母の影響を少しは受けたらしく、住み込みで働く理髪店の店員だった満寿夫と出会い、すぐに子供が出来てしまった。
子供は立て続けに5人もできたが、上の二人は生まれてすぐに亡くなり、彼女のもとには3人が残った。
長男の浩一、次男の達夫、長女の弘子だったが、このころすでに彼女のお腹には4番目の子供が宿っていた。
彼女の実母である鈴江は、3人の孫のうち、二番目の達夫の利発さを非常に可愛がり、ついに自らの養子とすることを宣言、その日のうちに鵯越の文化住宅である彼女の自宅へ連れ帰ったのが半年前というわけだ。

神有電車の古い普通電車が鵯越の駅に着き、咲き始めた桜の木の下のホームに彼女たち一行が降りたとき、明るいグレーとオレンジの有馬温泉からの急行電車が通過していった。
「おかあちゃん、あのきれいな電車、乗られへんの?」
「さぁ・・なんでやろうなぁ・・」
そう関心なく答えるルリ子に代わって、後ろに居た満寿夫が答えた。
「新型は急行だけや、急行は鈴蘭台まで停まれへんさかいな」
短いトンネルを颯爽と走り去る急行電車の明るさが浩一には眩しい。

踏切を越えて坂道を登るとルリ子の妹、則江が走ってきた。
手にした籠を見せる。
「お姉ちゃん、久しぶりやな!弘子ちゃんも!」
ルリ子の腕の中の弘子が嬉しそうに笑う。
「土筆、こんなに生えとるん??」
「うん、そこの田んぼの畦や」
屈託なく笑う小学生、ルリ子とて、妹の存在そのものは嫌いではない。
ただ、鈴江が自分にしでかした仕打ちと比べてみて、何もかもが恵まれていて、何も知らない則江の無邪気さに溜息が出るような思いがあるだけだ。

文化住宅の庭では達夫が立ちすくんでいた。
「おかあちゃん、迎えに来てくれたん?」
「ああ、あんたはやっぱり、うちの子や」
「もう、おばあちゃんをお母ちゃんって、呼ばんでええのん?」
「おばあちゃんはおばあちゃんや、お母ちゃんはお母ちゃんや」

「ほんまに、達夫に恨みはないんや、ただ、則江に力を入れたいさかいな」
そう淡々と言う鈴江をルリ子は何の感情もなく見ていた。
子供たちは満寿夫と土筆採りに出掛けたままで、弘子だけがルリ子の腕にある。
「おかんは、いっつもそうやな・・自分勝手に事を進めて、あかんかったら放り出し」
「いや、そんなんちゃうねんで・・ただ、則江のことがあるさかい・・それだけなんや」
「ま・・かまへんけどね・・ウチは元々、達夫を手放したくなかったさかい」
「そないゆうてくれたらこっちも助かる・・おおきにな」
「そやけど、礼だけやったらサルでも犬でもいえるわいな」
「なんやのん、あんた、なんか求めてるのん?」
「うちの家計は苦しいし、今度また子が出来るさかい・・」
「ああ・・・そのこと・・ここにちゃんと用意してるさかいな」
そう言って、鈴江は裸のままの一万円札を握らせた。
「一枚かいな」
「うちも苦しいんや」
「ふん・・」
「ルリ子、半年面倒見たったんや、礼ぐらいあってもええんちゃうか」
「ほう、そやな、ま・・おおきに」

烏原川の脇で土筆採りに興じている子供たちにルリ子が叫ぶ。
「浩一、達夫、帰るで!」
「え、もう、帰るの?」
浩一が不満そうに呟く。
川の脇を、グレーとオレンジに厚化粧された旧型電車が走る。
「お姉ちゃん、晩御飯、食べていかへんの?」
則江が何も知らぬ明るい表情で問いかけてくる。
「今日は達夫を迎えに来ただけや・・こんど、ゆっくりくるわ」
「うん、今度は一緒に遊ぼ!」

自分の妹とは言え、小学生には難しい大人の事情など分かるはずもない。
ルリ子は軽いため息をつきながら駅への坂道を下る。
「こんな山の中に線路を敷いた昔の人は偉いな」
満寿夫が感嘆したように線路を見る。
「それがどないしたん、こんな山ん中に線路を敷くから山の中にまで家が建つんよ」
不機嫌そうな妻の言葉に満寿夫も黙るしかない。

鵯越の駅に入ってきた湊川行は、旧型電車の2両連結だった。
乗車位置の微妙な違いから、家族は編成の前後の車両に分かれて乗ったけれど、この2両は幌で繋がれてはおらず、連結面から浩一と達夫が手を振りあうこととなった。
浩一から見た母や弟の乗っている車両は、上下左右に激しく揺れて今にも脱線しそうだ。

浩一の横に立っている満寿夫には、弘子を抱きながら達夫の肩に手をやるルリ子の憮然とした表情が、悲しく感じられた。
「結局は稼ぎの少ない俺が悪いのか」
満寿夫がつぶやくと浩一が不思議そうに振り返る。
「おとうちゃん、どないしたん?」
「いや、なんもないで・・この電車、変な電車やな」
2両連結の旧型電車は、恐ろしいような坂道を、鋳鉄制輪子のゆっくりと削られるような音を繋ぎながら、湊川に向けて降りていく。

Powered by FC2 Blog